2011年01月10日

小池龍之介住職の最新作に見覚えが・・・

昨日、mariから教えていただいたのですが、先月小池龍之介住職の新しい著書が扶桑社から発売されたそうですひらめき


その名も『坊主失格』・・・なんだか衝撃的なタイトルですね。

この本は、小池住職の今までの本のような実践的な本から離れ、小池住職がご自身の半生を振り返る、自伝的な本なのだそうです。

小池住職がどのような人生を歩まれたのか・・・。実は私もとっても興味をもっておりましたが、立ち入ったお話ということもあり、昨年のWSで直接お会いした際にお伺いすることが出来ませんでした。

そんなところに、今回の著作の発売と聞きましたので、とても驚いております。


ちなみに、こちらが本の表紙になります。

41-HdlzPEeL.jpg

・・・あれ?

なんだか、どこかで見たことがあるような・・・。

真ん中の仏像風のイラストが、心なしかアンジャリのシャンティマークに見えなくもない・・・ような・・・

・・・というのは恐らく気のせいでしょう(笑)

しかし、ほんのちょっと似ているというのも何かのご縁かもしれませんね!

ユング的に見れば共時性、つまりシンクロニシティと言え、非因果的連関の原理からすれば・・・というのはちょっと言い過ぎでしたわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

rogo.gif

ちなみにこの新作、mari先生はもう購入されたそうですよわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


yasuyuki
posted by staff at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42469037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック