2011年03月02日

ひな祭り

今日はしんしんと雪がまた降り始めましたね雪

もういいよダッシュ(走り出すさま)と思ってしまいますが、なんだか今日の雪はとってもキレイで思わず見とれてしみましたぴかぴか(新しい)目

さて明日はいよいよ雛祭り!!
女の子が主役のおまつりですねわーい(嬉しい顔)

そこでひな祭りの豆知識exclamation×2


平安時代、出産時の死亡率がとても高かったので、命を持っていかれないよう、枕元に身代わりの人形を置く風習がありました。これが自分の災厄を引き受けてくれた人形を流す「流し雛」へと発展しました。

時代とともに人形も段々と豪華なものになり、雛人形は流す→飾るに変化し、宮中で盛大にお祝いをするようになったのです。それが広がっていき、今のひな祭りの原型が完成したそうです。

雛人形を飾る時期知ってますかexclamation&question
一般的には節分、立春を過ぎた大安、友引に飾る人が多いようです。また、「雨水の日」(2月19日または20日)もお雛様を飾るのにふさわしいといわれています。

お雛様は子どもを厄から守ってくれる守り神のような存在であり、節句の前日に慌てて出すことは、「一夜飾り」といわれ、縁起が悪いとされてきました。

今日慌てて出すのはやめときましょふらふら

ちなみに、雛人形の七段飾りは平安時代の宮中の結婚式の設定で、お雛様のお顔は、18歳のときの顔で作られているって知ってましたexclamation&questionexclamation&question


調べてみると奥が深い「ひな祭り」でしたぴかぴか(新しい)

日本ならではの伝統行事。大切にしたいものですねハートたち(複数ハート)


sonomi

posted by staff at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43647470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック